一人暮らし大学生は家計簿をつけるべき?家計簿は自作するのがオススメ!!

おはこんにちは!

 

みなさん家計簿は知っていますよね?

 

僕も実家にいた頃、お母さんが夜に家計簿をつけている姿をよく見かけていました。

 

今回は一人暮らしをする大学生が家計簿をつけるべきなのかを・・・いや、つけるべきです!

 

f:id:makimoto-katsuki:20180913204456j:plain

 

 

僕の経験からお話していきます。

 

 

 

 

大学生が家計簿をつけるべき理由

先ほど書いたばかりですが、一人暮らしをする大学生は絶対に家計簿をつけたほうがいいです。

 

その理由は簡単。

 

大学生は大した稼ぎもないくせに、お金の使い道に無駄が多いからです。

 

うまく友好関係を築くためには、ある程度周りに合わせる必要もあります。

 

大学で生活していれば、飲み会などの人付き合いは必ずあります。

 

だいたい一回で3000円は消費するでしょう。

 

二次会、三次会と続くこともしばしば・・・。

 

僕はこの飲み会自体が無駄だとは思っていません。

 

いろんな人と交流を持つためにはお酒の席は手っ取り早い手段だと考えているからです。

 

もちろん飲み会に限りませんが大学生には、人間関係をうまく築くためにある程度の必要経費があります。

 

そこで大学生は『自分が何にどれだけ支出しているか』を確実に知り、できるだけ無駄を省く必要があります!

 

家計簿をつけることによって、自分にとって何が必要か不必要なのかを客観的に把握することができるでしょう。

 

 

家計簿は買っても続かなそう・・・。

「家計簿とかどうせ続かないでしょ・・・。」

 

そう思ってるあなた、大正解です。

 

偉そうなこと言いましたが、僕には家計簿を諦めた過去があります

 

一人暮らしを始めたばかりの大学一年生の頃、実家で母さんの姿を見てきた僕は

 

「生活する上で家計簿は必須!!」

 

と思い込んでいたので、母さんが使っていた家計簿と同じタイプの家計簿を購入しました。

 

しかし僕は数日で家計簿をつけるのをやめることになります。

 

市販の家計簿には書き込める項目が多すぎて、めんどうくさくなってしまいまったからです。

 

お金がない僕ですから、節約について書いてある本を読むこともありました。

 

そこで家計簿について完全に盲点だったことに気づきます。

 

『家計簿が市販の家計簿である必要あるのか?』

 

家計簿をつけるのはノートで十分

市販の家計簿は機能が多すぎて使いこなすのは難しい。

 

ならば自作しちゃえばいいんですよ!

 

家計簿をつけるのはメモ帳でも大学ノートでもなんでもOK!

 

とにかく重要なのは、自分が何にお金をかけているのかを知ることですから!

 

小さな買い物でも必ずレシートは取っておいて、寝る前にさっとまとめるだけ。

 

書くのは、買ったものとその値段。

 

あとそれが自分にとってNEEDなのかWANTなのか記入しましょう。

 

市販の家計簿で同じことをすると、余白が気になり、使いこなせていない感が出てしまい、ストレスが生まれてしまいます。

 

自分で家計簿を作って、最初から書くことを少なくしていたら、無理なく続けることができますよ!

 

 

家計簿をつければ節約できる

NEEDとWANTの話をしましたが、これはぜひやっていただきたいです!

 

見つめ直すべきはNEED、節約すべきはWANTです!

 

NEEDは以下のようなものだと考えています。

 

  • 衣食住
  • 交際費
  • 交通費
  • 筆記用具

 

衣類で例えると、「同じようなもの形、色のものを持っていないか」、交通費で考えると「遠出するのに新幹線を使うか、夜行バスを使うのか」など、考える余地はあると思います。

 

WANTは減らすことはできますが、減らしすぎは逆にストレスを生んでしまいますので注意が必要です。

 

自分の中で「お菓子は1日1つまで」など、ある程度ルールを決めるのもいいかもしれません。

 

 

ぜひお金が貯まらずに悩んでいる方は大学生に限らず実践してみてください!!